進研ゼミのやり方 -月1回届く教材を粘り強く-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塾などと比べて、価格も安い上に、勉強もやりやすい進研ゼミなどの通信講座。

 

でも・・・

どんなふうに勉強するのがいいのか?
進研ゼミのやり方って?

 

今日は私の体験をご紹介します。(ちょっと昔の話になりますがw)

 

結果から言うと・・・送られてくるテキストに合わせて勉強を進めてゆくだけ。フローをざっと説明すると・・・

毎月中旬頃 テキスト送られてくる

解説部分を読む

問題集を解く

期限までに「添削問題提出」

全体的な流れはこんな感じです。毎月どんどん送られてくるので、効率よくやらないと、どんどん溜まってしまいますよw私の経験上、もちろん、学校の授業からちょっと先行しているので、学校の予習にもなっていた気がします。

 

成績をアップさせるためのカリキュラムは進研ゼミのプロの人たちが組んでくれているので安心。

  1. 自分で勉強を計画的に進められるようになる
  2. 塾などと違い先生が目の前にいないので自分で考えるようになる

 

 

自分で勉強を計画的に進められるようになる

進研ゼミ、Z会などの通信講座は、基本的には毎月、テキストが送られてきますよね?すでにカリキュラムが組んであるので、こちらは、それを遅れずにやっていればいいわけです。

この合格までのカリキュラム・・・受験生が自分で組もうとするとほとんど不可能でしょう。中学生が自分で出題傾向などを分析するのは、どう考えたって無理です。やはり、ここは受験プロにまかせてしまうのがベスト。

 

粘り強さも身についた

塾などと違って、近くに教えてくれる人もいない環境なので・・・結果、応用力がついたと思います。例えば、解けない問題があったとしてもテキストに戻って熟考する。その結果基礎力活かして問題を付く力(応用力)です。

このへんの問題構成が抜群に上手いと思います。まぁ、当時は必死だったので気づきませんでしたがw

 

「進研ゼミのやり方」に関するまとめ

  1. テキストが送られてくるタイミングは緻密に組まれている
  2. できるだけ添削などの期限を守る事で受験までに効率よく成績をあげられる
  3. 学校の授業よりはちょっと先行しているので予習として使える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

進研ゼミ入ろうか悩んだら…

進研ゼミは本当にいいのか?塾や家庭教師の方がいいのか?しらべているけど、良くわからないと悩んでいませんか?

そんな方におすすめのなのはテキストに実際に触れてみるという方法。

・どんな教え方なのかが分かる
・問題集の質を体験出来る
・学校の授業に合っているか分かる
・添削の提出とはどんなものなのか分かる


など、今見えていない部分がはっきりと分かるようになりますよ。

資料請求自体は無料ですので是非やってみてください。
しつこい勧誘などは一切ありませんよ。

 

>> 進研ゼミ資料請求ページ(公式)